わたくし、鹿戸春二が興味のままに突っ走るブログなのであります★ミ

伊達の所領に入り申した

拝啓、伊達政宗様(^^)

伊達の所領に入っております。鹿戸春二こと、春ちゃんです。

いやぁ。なかなか攻略に時間がかかりそうなところ。

伊達といえば、青葉城があまりにも有名ですよね♪

ひとまず政宗様の経歴をw

伊達輝宗の長男として永禄10年8月3日、出羽国米沢城に生まれました。

母は最上氏義姫。幼名梵天(ぼんてん)丸。11歳で元服。

「政宗」という名は9世「大膳大夫政宗」の名にちなんで名づけられたものです。

天正7年13歳で三春城主田村清顕の息女愛姫と婚姻し、天正12年18歳で家督相続。

翌年父輝宗が畠山義継に殺されると、反撃にでて畠山氏を走らせ二本松城を収めました。

その後佐竹、蘆名、岩城、石川、白河らの連合軍と戦い、

仙道人取橋の戦いで撃退しました。

覇業は進み、同17年宿敵蘆名氏を磐梯山麓の摺上原に破って会津を略取、

黒川城に入ります。会津4郡・仙道7郡をあわせおさめ最大の領土を得て、

南奥における伊達氏の制覇をほぼ実現させました。

、、とまぁ、こんな感じで東北の雄となったわけです。

あとは、支倉常長さん。政宗によってヨーロッパへ行け~って言われたのに

帰ってきた頃には日本が禁教令で犯罪者扱いに。。。失意で死んでしまうという

悲運の家臣。

支倉常長はアジア人として唯一無二のローマ貴族、及びフランシスコ派カトリック教徒なんです

 

 

やっぱりこれは食べておかないとね!

で、青葉城や伊達さんめぐりの後は東北一の歓楽街「国分町」です!

やっぱり仙台といえば「牛タン」ですよね!

国分町にある「五臓六腑」さんでいただきました!!

ほれほれ~(夜ガッツリ!極上牛タン串)

うまうま~(朝もガッツリ)

舌鼓とはうまく言ったもんで、本当に美味しくペロリと。いただきました!!

ちらっと、ホテルへ帰る前に見えたコボスタ

 

 

今日のおもしろ♪

いやはや。仙台を満喫しましたが、東北新幹線の「キスシーン」をどうぞ♪

しょっちゅう仙台に来ることがあれば見れる光景のようですが、なんだか新鮮でした♪

 

 

夏休みをここからどうやって満喫しようか

ここからどんな展開が待っているのか・・・・

仙台から帰った後は、お盆週間に突入するため、何か面白いことや場所があれば

攻めてみたいと思いますが、ひとまずこの土日は静養にあてようと思います!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント